top  blog  link 



――ちゅくっ……くちゅっ、くちゅ……。



頭の奥に湿った音が響いてきて、私はきつく目を瞑った。


和也はあれから何も言わず、飽きず私の唇を舐めている。
私の意志を無視して進められているこれは……強姦だ。

なのに、さっきから私の下腹は甘ったるい。
じくじくと疼きさえして、妙な熱を帯びている。

それが嫌で力一杯もがこうとすると、和也は「駄目だよ」と私を窘めて、
信じられないくらいの強い力で上体を押さえつけた。

縛られているせいで通常の半分の長さになった脚で、彼を蹴ろうとする。
けれど今度は体の上に圧し掛かられて、身動きさえできなくなった。



「ぷぁっ……、……んっ……ふっ、……んぅ……ッ」
「ボールギャグが邪魔だけど……奈菜の口の中、うまいな。もっと涎出して?」
「ふぅああ、ぇ……っ! あぁぅあぃい!」



もうやめて、恥ずかしい、とうまく伝わっただろうか。
口にできるのは声にならない音だけで、
流れ出る涎さえ、自分ではどうにもできない。

滑稽さが惨めで、また涙が出る。



「奈菜、知ってる? 口の中も性感帯って」
「いああいっ……フ、あっ、ちゅっ、ふあっ、ん、いあっ!」



口元、球体を噛んでいる歯列、唇の裏の粘膜。
弄ばれてる。
そう思うくらい執拗に、くまなく舐め回される。


その時、まっすぐ下に伸ばされていた手のひらに、熱くて硬い感触が触れた。



「んッ……!」



手を離したいのに動かせない。
いけないものに触ってしまった気まずさで顔が紅潮する。

和也は、私の手に自分のそこがあたっていると気づいたらしい。
腰を引くかと思いきや、私が動けないのをいいことに、
彼はジーパン越しにでもわかるほど熱を持ったこわばりをより私の手に押しつけてくる。

恨みがましい目で睨む。
視線を合わせた和也は、キスを止めて顔を上げた。



「あーあ……奈菜、汗がすごいよ」



上気した胸元には、汗の玉が浮いていた。
和也はその水滴を集めて遊ぶように、指先で肌をなぞる。

首筋、鎖骨の窪み、乳房のあいだ、膨らみ――。
私がその指先を目で追うのを、和也はじっと眺めていた。



「んー……っ、……んぅっ……!」



粟立つ肌をひとしきり撫でて、和也の人差し指は膨らみの先端にたどりついた。

体をどれだけ強張らせても、私はその指を止める術を持たない。
柔らかな乳房は、指に押さえられるまま歪にへこんでいく。



「すごく柔らかい。どんどん沈んでく」
「んー……っあ、っ……ん……ん……っ」



ちくんと鈍い痛みがあるところまで指を沈めると、
和也はその爪先で、埋められた乳首をかりっ、と引っ掻いた。



「ふぁんっ!」



悲鳴じゃなく、嬌声が出た。

和也はその反応が気に入ったらしい。
もう片方の胸にまで手を伸ばすと、続けざまに、膨らみに沈めた乳首をかりかりと掻く。



「いあっあっ、んっ……! あっ! む……ッ!」



あからさまに悦楽の声を上げてしまった時、再び唇をキスで塞がれた。



私はまた目を瞑る。霞みがかった頭の中で、冷静な声がする。

もう流されてしまう。

和也のことは嫌いじゃない。嫌でもない。
それでも涙が零れるのは、間違いなく嫌悪感からだった。
それも、自分自身に対しての。

私はいま、快楽に負けようとしている。

これは無理強いされてのものだ。
強制的に与えられているもので、私は、少しも悪くない。
だって、拒めもしないのだから。
逃げ道もない。だからこんな声が出るのは、私のせいじゃない。

そう思いながら、私にはもうわかり始めていた。

私はむしろ、抗えないからこそ――。



「奈菜はほんとに可愛いよ」
「ふ……?」



突然の言葉に、私は我に返った。
胸から手を離して、和也は嬉しそうな顔をする。



「ほら、見て。気持ちよかったって、言ってるみたいだよ」



和也の視線を辿った先に、ぷくりと勃った蕾が見えた。
私は一瞬だけ声を失って、そしてあまりの羞恥に悲鳴を上げた。



「……っひあっ、いあぁ! いあぁ……ッ!」



嫌だ、嫌だ。もうやめて。
見せないで。知りたくないよ。

理不尽な道具が、私の切願の邪魔をする。

体はきっちりと縛られたままで、
私は唯一動かせる頭を必死に振りかぶって、精一杯の反抗を示す。



「ふぉう……ああえ……あぁ……」



零れた涙と涎で顔をぐしゃぐしゃに濡らしながら、
私は繰り返し、もうやめて、と訴えた。



「俺はね、奈菜を俺だけのものにしたいんだ」



子どものころから知っている和也。
いつでも味方でいてくれた和也。
和也の気持ちも、何もかも、全て知らずにいた自分。

これ以上、壊さないで。暴かないで。

優しい彼の声が耳に流れ込んでくる。



「他の誰も入る隙間がないくらい……俺でいっぱいにしたい」



気がつけば、私はしゃくりあげて泣いていた。
和也は私をなだめるように、ゆっくりと喋る。



「逃げられないようにして、もういっぱいだから駄目だって言われても、
 それでも、もっともっと、ずっと、奈菜に注ぎこんでいたいんだよ」



そんな感情は想像さえつかなくて、
私は和也の気持ちの深淵にたたずみながら、足をすくませる。



「どれだけ奈菜が汚くても、イヤらしく乱れても、俺はむしろ嬉しいんだ。
 誰も見たことがない奈菜を見たいから」



きっとぐちゃぐちゃになっている私の顔を見下ろして、
和也はさも、愛おしげなものを見るように目を細めた。

頬に触れていた手が体を抱く。
すっぽりと和也に覆われて、温かくて、どうしようもなく心地いい。



「奈菜……。ほら、俺、すごい興奮してるのがわかる?」



手に触れていた和也のそこが、いななくように動いた気がした。



「ふ……ぅ……」
「それに、奈菜も」
「んむっ! あ!」



和也の手はするりと滑って、私の脚のつけ根に落ちた。
そのまま繊毛の奥、花弁のふちに触れられる。

自分でも、とっくにわかっていた。
必死に閉じようとしていたその谷間は、
汗と、汗じゃないものとでひどくぬるついていると。

止めてと抗議する間もなく、和也の指先は秘唇を割った。



「すごく濡れてる」
「……っ!!」
「ぐちゃぐちゃになってるよ、奈菜」



笑い声を漏らされると、恥辱が一層、強くなる。
腿を閉じようとしても、縛られた脚ではなんの抵抗にもならなかった。


くちゅくちゅと粘ついた音が聞こえて、
私は信じられない気持ちでそこから目を逸らした。


和也には、こんなことは言ったこともないし、
いまこの場では信じてもらえないかもしれない。

私は、濡れにくい体質――だったはずだ。

これまでの彼氏はみんな、乾いたそこに物足りなさげな顔をして、
上っ面だけ優しく微笑みながら、窮屈そうに私の中で動いていた。

少し苦痛を伴う行為。
私はあまり、セックスが好きじゃなかった。はずなのに。



「……縛られてこんなに濡らすなんて。奈菜は変態だったんだね」
「っ! ひあぅ……!」
「ん? 違うって?」
「んっ……ふうん」



かくかくと頷く。
否定していなければ、自分の何かを認めてしまう気がした。

和也は溢れた愛液を潤滑油にして、私の入り口を何度も撫でる。
時折、浅く指を入れられると、そこはひくつきながら淫らな音を奏でた。



「違うの? でも……やっぱりショックだよ。
 あの小さかった奈菜が、誰か別の男の手で女にされたなんて思うと」
「ふっ……ぅ……?」



苦々しく言って、和也はおもむろに花芯に触れた。
すぐに、ぎゅっと力を入れてそこを摘まむ。



「ひぁああぅっ!! ひあぃっ!!」



激痛に近い刺激で視界を白く染めながら、私は悲鳴を上げた。
全身を強張らせても、和也は手を止めない。



「痛い?」
「いあいっ、ひあぃ!!」



何度も何度も頷いて、ようやく指の力を緩めてもらえる。
腫れてしまったのではと不安になるくらい、芯が熱い。



「じゃあこれは、気持ちいい?」



今度はそっと、触れるか触れないかの優しさで莢を転がされた。



「……っ、ふ……。……ふ……。ぅ……」
「気持ちいい?」



不本意な回答をしたくなくて、私は無言を返す。
黙りこくっているうちに、今度は胸に手が伸びてくる。

先端を指に挟んだまま、和也は手を持ち上げた。
乳首を摘まみ上げられて、今度こそ激痛が走る。



「っふぁああ!!!!」



私の乳房を引っ張り、痛々しいまでに形を歪ませながら、
和也は顔色一つ変えずに再び聞いた。



「……痛い……?」
「ふぅっ!! ひあぃっ!」



私は、大袈裟なくらい頭を縦に振った。
ふっと指が離されて、膨らみは重力に従って揺れながら元の形に戻る。
その頂きは、茜色に染まっている。



「っ……ふぁ……ぁぁ……っくぅ……ぁぁぁぁんっ……ふぁぁっ……」



経験したことのない酷い仕打ちに、
両眼からは絶えず涙が溢れた。



「……奈菜が、俺をこんな風にしたんだよ」



和也は、私の頭を撫でながら囁いた。
鋭い痛みを与えたのと同じ人物とは思えないほど、その声音は柔らかい。



「奈菜が欲しくて、でも叶わない時間が長すぎて」
「ふっ……、っく、……っく」



いつからか、指は再び秘唇をなぞっている。



「けど……嬉しいよ。奈菜もこういうの気に入ってくれたみたいで。ほら」
「んぅ……っ」
「さっきより溢れてる。なんでだろうね?」
「んっ……ふ、っ……」
「……奈菜……気持ちいい……?」



入り口をじれったいほどゆっくり這う指に、私は間違いなく快感を覚えていた。

和也の欲しがっている答えを口にすれば、
この行為を――和也の想いを受け入れたことになるだろう。
そして意地を張れば、また痛い思いをする。

与えられているのは、ごく短い猶予。

私は、その眼差しを信じることにした。

私が知っている和也は、いつだって優しかった。
他の人にどうだったかは知らない。
でも、私にとってはそれが全てだ。

助けを求めるような目で、彼を見つめる。



「…………ふっ……」
「……ん?」
「…………ぅ…………ひぉぃぃ……」
「気持ちいい……?」
「…………ふ……ぅっ……っ」



涙を目に溜めたまま、コクンと頷くと、
和也は誰にでもわかるような嬉しそうな顔をして、そしてまた、私に軽いキスをした。

唇を離して私を見たあと、首筋に吸いついて、赤い印を残す。

そして胸の膨らみを掴んだかと思うと、根元を絞るようにして頂きを尖らせて、
そこに、たっぷりと唾液を乗せた舌を絡ませた。
もう片方の手で変わらず蜜口を弄られて、同時にもたらされる昂りに声が出た。



「んふっ……っ、んっ……! あぁ……ぁ……」



胸の膨らみは、大きく開けられた和也の口の中を出たり入ったりしながら、
濡れそぼって淫猥に光っている。
たまに先端を吸われると、鋭い快感が体の芯を突き抜けていった。



「甘い味がする。こっちは?」



和也は私のおへそにキスをしたあと、
閉じられていた脚をグッと割り開いた。



「はっ……ふぅぅ! ぁあっ……!」
「恥ずかしい?」
「ふぅ! ……ぅぅ……」



きちんと恥じらいは伝わったはずなのに、和也はやっぱり手を止めない。

私の脚を軽々と持ち上げると、閉じていた秘部を露わにして、
そのままそこに顔を近づけた。



目次へ戻る  → 4




copyright © 2008- かのこ All Right Reserved

inserted by FC2 system